「自慢の逸品」の基準

Home > 「自慢の逸品」の基準

自慢の逸品認定ガイドラインについて

「自慢の逸品」は、お店として自慢できる商品やサービスです。

おびひろ商店街の「自慢の逸品」は、以下の項目に1つ以上該当し、一年間通じて販売もしくは 提供することができる商品・サービスとします。

  • 「これこそ、うちの逸品!」とおすすめできる商品・サービス
  • 古くから継続的に提供している商品・サービス
  • お店の独自の商品・サービス
  • 「自慢の逸品」参加のための新商品・新サービス

「自慢の逸品」の参加お申込みの書類審査後、参加店ミーティングで「自慢の逸品」のプレゼンテーションを行っていただきます。

募集の範囲

「自慢の逸品」事業に応募できるのは、帯広市内で営業しているお店です。
(商店街の組合員の店舗、または商店街が未組織地区の店舗)
自慢の逸品に認定された場合、自慢の逸品三ツ星委員会に入会し、年会費を納入していただきます。
(パンフレット制作等のPR経費として) 

参考:2012年度の年会費は次のとおりです。
市振連加盟商店街組合員の店舗     1万円
市振連加盟商店街が未組織地区の店舗  3万円